新築 施工例

Y邸

 わずか10坪の敷地に坪庭テラスを設けた平屋のY邸。床延べ面積はなんと6坪足らず。それでも早朝の陽光を取り入れる玄関の窓や、一日中太陽の光を取り入れるべく設けられた高窓や坪庭の窓により、暖かみと広がり感のある落ち着いた内部空間が実現されている。Y様が3年間あたため続けた具体的な家のイメージに従い、光と無垢材とエコ素材に満たされた家ができあがった。
リビング
リビンング
シャワー室(コルク床)
シャワー室(コルク床)
外観
外観

N邸

 昭和初期にたてられた自宅の建替えを決心してから、Iさんは積極的に見学を重ね、何年もかけて新居のイメージを固めてきた。新築にあたっては奥多摩の森林組合まで木材選びにも行かれた。そして、間仕切りを建具で仕切る程度の開放感のある、構造材から仕上げ材までムクの木材と自然素材を使用した家ができあがった。外壁には杉、内部には杉、桜、桧、カエデ、ハン、もちろん押入れには桐とクスを用いた。風の道を家の東西南北に布いた室内は、木材の色味に連なる淡い色調の障子紙や紙クロスなどでまとめられ、浴室には長年使用してきた古代桧の浴槽が再利用されている。
外観(ベランダひのき)
外観(ベランダひのき)
外観(外壁すぎ張)
外観(外壁すぎ張)
玄関(ひのき)
玄関(ひのき)
フリーダイヤル0120-670-620