住宅生協だより

お家の困ったことアンケート調査(住宅生協だより<春号> 2021.0401 vol.107 掲載分)

住宅生協で行った「お家の困ったことアンケート調査」の結果報告になります。ポイントとなる回答項目を抜粋してご紹介いたします。

①地域別クロス集計

回答を寄せた組合員は、都内だけでなく神奈川や埼玉、千葉まで広がっています。地域別の分析をするにあたり、住宅生協の業務分類に合わせて、以下のように分類しました。

1、東部(世田谷区、杉並区、練馬区より東の地域)
2、南部(調布市、府中市、日野市、八王子市より南の地域)
3、北部(東部、南部以外の地域)

地域別回答者数と比率地域別の回答者は、東部が一番多く、続いて南部、北部の順です。

②地域とお家の困りごと

東部では、「家全体のリフォーム」や「お風呂改修」、「耐震強化」を考えている人の比率が高く、南部では、「間取りの変更」や「内装・壁」、「庭や家周り」の困りごとの比率が高く、北部では、「バリアフリー」や「キッチン改修」、「外壁や屋根」での困りごとが多くなっています。

③地域とコロナ下での不安・困りごと

東部では「 PCR 検査を受けられないこと」、「持病があり重症化すること」、「感染時の批判や差別」などへの不安の比率が高く、南部では「通院や健康づくり」での比率が、北部では「娯楽や旅行ができないこと」、「第2波による規制」、「経済や景気」に対する不安の比率が高くなっています。

住宅生協への要望・期待・感謝など

・78歳の母親の健常老人の憩いなどあればと思います。

・生協の存在は大きいと思います。何かあったら相談してみようと信頼を寄せております。生活全面の出来事を気軽にアドバイスしていただける場所があると思っております。

・友達にも機会のあるたびに声がけしています。これからも組合員と一体となってよろしくお願いします。

・安心して頼れると思っている。

・昨年妻の実家の板橋の家の売却では大関専務に大変お世話になりました。ありがとうございました。

・ 何時も丁寧にお仕事してくださり助かっています。金額もかかるので年金生活となったら不安もあります。

・毎日在宅なので明るい時間帯に自宅を外から見ることが多く外壁がキレイで塗装してもらってよかったと感じています。

・将来的にリフォームしたいのでその時は生協にお願いしたいと思っています。前回大変丁寧な仕事をしていただいたから。

・ 毎年度黒字となり成長発展を祈る。

・今はコロナで難しいでしょうが以前よくいろいろなセミナーやイベントしていたのでまたお願いしたいです。また今年6月に結婚して姓が変わりました。お便りの姓の変更をお願いします。また主人の部屋をいつか作りたいと思っています。 

▽『住宅生協だより』ダウンロードはこちら▽

「お家の困ったことアンケート調査」が掲載されている「住宅生協だより」の表紙